片岡義男の紹介

片岡 義男は、日本の小説家、エッセイスト。
東京都生まれ。都立千歳高校、早稲田大学法学部卒。

祖父の片岡仁吉は山口県の周防大島出身で、ハワイに移民した人物。父の定一は日系二世である。

大学在学中より雑誌ライターとして活動を開始し、テディ片岡名義でジョーク本やナンセンス小説等を手掛ける。

1974年『白い波の荒野へ』で作家としてデビュー。

近年は『日本語の外へ』などの著作で、英語を母語とする者から見た日本文化論や日本語についての考察を行っているほか、写真家としても活躍している。
posted by a at 08:26 | 片岡義男はどんな人
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。