文房具を買いに

文房具を買いになんということもない平凡な一枚の白い紙。きわめて普通の出来ばえをした一本の鉛筆。

そして30センチほどの長さの、これまた平凡な一本の定規。この三点を机の上に並べると、そこには人間の文明のすべてがある。

たくさんの真新しいノートがFX 入門積み重なって写っている写真を見て、忘れていた気持ちがよみがえる。

学生のとき新しいノートを買うたびに「さ、勉強するぞ!」と思ったものだ。新しい手帳を買うと、「充実した毎日にしたい!」と思ったものだ。でも実際には1冊のノートや手帳を最後まで使い切ることはないのだった。

posted by a at 12:21 | 作品紹介
日本語の外へ日本語の自家中毒の外へ。話題のスリリングな論考エッセイ。

日本語の外に広がる英語世界の裾野。日本語で考えるとはどういうことなのか、英語で生きる人たちのロジックとストーリーを追い詰め、日本語を逆照射させる話題の論考。

湾岸戦争をアメリカのTV放送だけで追ってみる、という試みから始まった本書は、アメリカを突き動かす英語という言葉の解明へと焦点を移していく。母国語によって人は規定され、社会は言葉によって成立する。たえず外部を取りこみ攻撃し提案していく動詞中心の英語に対し、日本語とは自分を中心とした利害の調整にかまける言葉だと著者は結論付ける。

日本語によって生きるとは、どのように「偏って」生きることなのか?英語と日本語への熟考が、やがて読み手を世界の認識の根源まで導く鮮やかな思考の書。
posted by a at 12:18 | 作品紹介
チープ・シック1970年代末に出版された本ですが、今でも色あせない。

今のファッションってこの本にのってることと基本的におんなじです。

ただ、それが商業化されただけ。カーゴパンツやシンプルなTシャツを昔は、おしゃれな人だけが、軍放出品の店やディスカウントショップ、古着屋で買ってたのFX 比較が、今はギャップになったというか。

アメリカでは絶版なのに、日本では今でも出版されています。片岡義男さんが訳してます。写真もすばらしい。
posted by a at 08:34 | 作品紹介

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。